WeatherSofia.jpg (14404 バイト) ソフィアのお天気

 ソフィアに居たのは12月と1月の2ヶ月だけだったが、いつでも曇っていて霞がかっているという印象が強い。そのせいで、なにかドンヨリとした沈んだ気分になってしまう。
 また、ソフィアは、ほこり・塵が多い。どの車も下半分はほこりまみれで黒く、道路に書かれている線などもよく見えない(中心街の道路はそれほど汚れていないが・・・・)。 そのためなのか、信号も見えづらい。

 余談だけど、“青”が点かない信号をしょっちゅう見た。「あぁ、青信号って、それほど重要じゃなかったんだなぁ」と感心した。


GreyCrows.jpg (26037 バイト)
灰色のカラス(?)
冬のソフィアを歩いていて目にする鳥たち

 ソフィアはどこでも、スズメが多い。日本のスズメより少しだけ体色が明るく見えるけど、気のせいかな? ハトもけっこういるけれど、スズメは異常なほど多い。日本のスズメと比べると、人間をあまり警戒せず、足下近くも飛び歩く。
 あと、よく目にするのは、灰色のカラス(だと思う)。日本のカラスより一回り小柄で、鳴き声も違う。生態は、日本の都市部のカラスと同じだと思う。ソフィアのカラスは、こいつらばかりで、黒いのはほとんど見ない。
 ほかにも、2,3種類の鳥を見た。都会だけど鳥が豊富で、歩いていて退屈しない。


Dogs.jpg (23576 バイト)
歩道にたむろする犬たち
最もよく目にする動物

 ソフィアは、信じられないくらい犬が多い。郊外の林の中だろうが、街の歩道だろうが、中心部の地下道だろうが、お構いなし。 で、犬が多いから、当然犬の糞もとても多い。まるで街中に仕掛けられた地雷のようだ。
 これだけ多くて、何か対処しないのかなぁと思うんだけど、ソフィアの人々はとても犬好き。ジョギングしている人は1人も見たことがないけれど、犬の散歩している人は1日に何人も見る。自分なんかより犬の健康によっぽど気を遣っているんだね :-)
 飼い犬だと、シェパード、ドーベルマンをよく見る。ほかにも、ボクサー、セントバーナードなど、大型犬を飼っている人は多い。シベリアンハスキー、グレートデン、ダルメシアン、コリー、ブルテリア、なんかも見かける。


SexySignboard.jpg (22372 バイト) ソフィアの灰色い街並みで、よく目立っていた広告

 1つは、電話会社「モビコム」の広告。ソフィアのミクロバスに、必ずと言っていいほどモビコムの広告が描かれていた。モビコムは、ぼくの想像するに、ブルガリアで最も成功している会社の一つだ。
 そして、もう1つが、写真の看板。中心街から出ない人は目にしないかもしれないけれど、郊外の団地に住んでいる人なら必ず知っている。郊外とを繋ぐあちこちの道路に、畳2,3枚分のこの大きな看板が何十枚も並び、20〜30mも続いている。すごい宣伝効果で、嫌でも目に入ってくる(色っぽくて、ぼくは嫌いではないけどね)。 あっ、お酒の広告です。ジンだったかな??

 

.........トップページに戻る.........

[2001年2月制作]
[2001.3.6 文章一部追記]
[2002.10.2 写真の質改善]

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO